植物幹細胞とは

分化する能力を保ったまま自己増殖する一群の特別な細胞を指します。

皮膚を例えると真皮幹細胞、表皮幹細胞が存在し、その分化物から色々な過程を通し、表皮細胞、線維芽細胞、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが生み出されています。より適切な条件を与えられると、より良い分化細胞を生み出し、根本的なエイジングケアを行えるとの考えから最も注目されているサイエンスとなります。

 

― 植物幹細胞と動物幹細胞※1

ヒトと植物が大きく異なる点、その1つは植物には明確な寿命がないということです。

ヒトは受精卵などの一部の組織を除き、個体から再生することは不可能ですが植物は細胞の成長をリセットし、新しく細胞を作る能力が備わっています。

すなわち、植物にはすべての細胞に「幹細胞」を作り出す機能を持っているということになります。

機能面についても、ある条件を満たした植物幹細胞には、ヒトの肌に塗布した場合、ヒトの表皮や真皮の幹細胞の機能性強化や紫外線ダメージへの作用※2が確認されています。

 

― ヒト幹細胞培養液※3の優位性

ヒト幹細胞培養液は、ヒトの脂肪細胞から取り出された幹細胞が培養の際に分泌する分泌液のことで、直接ヒト表皮幹細胞、真皮幹細胞のフォローはできません。しかし、150種類以上の肌の成長因子が含まれており、分化細胞にとって有用な働きが期待できます。

(2016.3 ボーテリバイブ、タラソセルアクティブへの採用。2016年内の アコライムへの配合も目指しています) 

 

※1 過去の事例(牛海綿状脳症、BSE )などで牛由来(プラセンタなど)の有効成分が全面的に使用禁止になった事柄を踏まえ、汚染されるリスクが多分にあると判断した原料は使用いたしません。研究機関の判断において作用面、安全面において素晴らしい結果がでた場合のみ配合を開始いたします。 

※2 研究機関調べ

※3 ヒト脂肪細胞順化培養液エキス

研究機関、ELP.Labo株式会社で培養から安全性試験、作用試験まで行った(発表:2015.7.21)最新鋭の植物幹細胞※1でありBONHEUR ET BEAUTEのみ配合できる貴重な有効成分となります。幹細胞ダメージ全体の保護及びBONHEUR ET BEAUTEに配合されている植物幹細胞全体との相乗作用、作用増強、安定強化が期待されます。今後、他のBONHEUR ET BEAUTEコレクションへも配合していく予定です。 ※1 メキシコイトスギ培養カルス

BONHEUR ET BEAUTE ×有名大学 クイーンフィトセル

研究機関、ELP.Labo株式会社で培養から安全性試験、作用試験まで行った(発表:2015.7.21)最新鋭の植物幹細胞※1でありBONHEUR ET BEAUTEのみ配合できる貴重な有効成分となります。

幹細胞ダメージ全体の保護及びBONHEUR ET BEAUTEに配合されている植物幹細胞全体との相乗作用、作用増強、安定強化が期待されます。今後、他のBONHEUR ET BEAUTEコレクションへも配合していく予定です。 

※1 メキシコイトスギ培養カルス

ヒト幹細胞培養抽出液について

分化細胞へ活力を与えることができる成長因子が豊富に含有されています。 いうなれば“母乳的”な働きで細胞の成長を促進させるといわれています。※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

ヒト幹細胞培養抽出液

分化細胞へ活力を与えることができる成長因子が豊富に含有されています。
いうなれば“母乳的”な働きで細胞の成長を促進させるといわれています。

※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

植物幹細胞7種について

モロッコ南西部のごく限られた地域にしか自生していない希少種アルガンツリー。その生命力溢れる新芽の細胞を培養し製造しています。 作用として、真皮幹細胞を賦活し、深部からアンチエイジングを促します。※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

アルガンツリー新芽細胞

モロッコ南西部のごく限られた地域にしか自生していない希少種アルガンツリー。その生命力溢れる新芽の細胞を培養し製造しています。 
作用として、真皮幹細胞を賦活し、深部からアンチエイジングを促します。

※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

ガメタンテュリエ種の

ガメタンテュリエ種

ガメタンテュリエ種の"ぶどう"から得られた細胞は、紫外線にたいして保護作用を発揮します。
表皮幹細胞のダメージをケアするとともに表皮幹細胞の活力を増大させます。

※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

アルプスの厳しい環境の中で生息する美しい高山植物アルペンローゼ。紫外線はもとより、気温、乾燥などから、表皮幹細胞を保護しダメージをケアしていきます。※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

アルペンローゼ

アルプスの厳しい環境の中で生息する美しい高山植物アルペンローゼ。
紫外線はもとより、気温、乾燥などから、表皮幹細胞を保護しダメージをケアしていきます。

※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

マルスドメスティカは、

マルスドメスティカ

マルスドメスティカは、"腐らないリンゴ"で知られる最も有名な幹細胞系有効成分です。
表皮幹細胞に栄養を与え、表皮の再生力を高めます。

※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

生薬にも使われるコンフリーの根は、表皮幹細胞に活力を与え、表皮細胞の増殖を促進することで、肌のターンオーバーを正常化させます。※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

コンフリーの根

生薬にも使われるコンフリーの根は、表皮幹細胞に活力を与え、表皮細胞の増殖を促進することで、肌のターンオーバーを正常化させます。

※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

細胞外マトリックスの保護、合成促進、表皮・真皮ジャンクション保護強化などに作用し、肌にハリと透明感をもたらせるといわれています。※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

エリンジューム

細胞外マトリックスの保護、合成促進、表皮・真皮ジャンクション保護強化などに作用し、肌にハリと透明感をもたらせるといわれています。

※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

氷河期を生き抜いた高山植物サポナリアプミラの幹細胞が真皮幹細胞に紫外線への免疫に働きかけるといわれています。※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。

サポナリアプミラ

氷河期を生き抜いた高山植物サポナリアプミラの幹細胞が真皮幹細胞に紫外線への免疫に働きかけるといわれています。

※あくまで成分の説明であり効能、効果を保障するものではありません。